わかば学級

■ 学校目標

 

○ よく考える子

○ 思いやりのある子

○ 健康な子

 

■ 学級目標

 

○ 興味・関心を生かし、主体的に学習する態度を育成する。

○ 互いに協力し合い、心豊かな人間形成を図る。

○ 幅広い交流を通じて社会性を養い、好ましい人間関係を育てる。

○ 自主的、自立的な生活態度を身に付けさせ、心身ともに健全な発達を促す。

 

■ 一年間の主な学級行事

 

 6月 四校交流会(九小・三小・一中・五中)

10月 学級宿泊学習

12月 お楽しみ会

 2月 四校交流会(九小・三小・一中・五中)

 3月 卒業を祝う会

 

■ 児童数

  1年 2年 3年 4年 5年 6年 合計
男子 3 3 5 4 1 17
女子 1 1 2 2 0 0 6
合計 2 4 5 7 4 1 23

 

■ わかば学級Q&A

Q1.通常学級と学習はどのようにちがいますか?
A1.
(1) 1週間の授業時間は、通常学級と同じです。
 1年生………24時間
 2年生………25時間
 3年生………28時間
 4,5,6年生……29時間

(2) わかば学級ならではの学習もあります。
☆生活単元学習
 児童が生活上の目標を達成したり、課題を解決したりするために、自立的な生活に必要なことを学習するものです。必要な知識・技能の獲得とともに、生活上の望ましい習慣・態度の形成を図ります。時間割で「生活単元」と表記していないものでも、実は生活単元学習であるものがあります。生活単元学習は、各教科、領域を合わせた広範囲な内容を取り扱うため、児童にわかりやすい名前にかえています。
<具体的な内容>
○刺しゅう・制作
 細やかな手先を使う作品作りなどを行います。
○徒歩学習
 狭山緑地や郷土博物館、図書館、学区内の様々な場所へ徒歩で行きます。集団行動を身につけること、交通安全に気をつけて歩くこと、公共施設をマナーを守って利用すること、体力をつけること、などをねらっています。年1回は、買い物学習をしています。
○調理学習
 簡単な献立で調理を行います。できるだけ児童の力でできるもの、季節感のあるものを心がけています。
○理科
 身近な自然に目を向け観察したり、おもちゃ作りをしたりして、楽しく自然の事物・現象について学習します。
○社会
 身近な地域の様子、社会の仕組みや移り変わりについて学習します。

☆遊びの指導
 活発な身体活動と友達とのかかわり合いを通して、心身の発達を促していくものです。友達とコミュニケーションをとる、臨機応変に対応する。勝敗を受け止めるなどの社会性を育てることもねらいとしています。

☆日常生活の指導
 衣服の着脱、排泄、食事、清潔などの基本的な生活習慣の内容や、あいさつ、言葉づかい、礼儀作法などの日常生活や社会生活において必要なことを学習します。わかば学級では、時間割で固定した時間に行うのではなく必要なときに行っています。

(3) 通常学級で使用する教科書は、参考にすることはあります。
 毎年児童の実態に合わせて一般図書を選定しています。保護者の意見も取り入れています。

 

Q2.どのような指導を行っていますか?
A2.
 一人一人の個別指導計画に基づいた指導を行っています。現在生活クラスは3クラス、国語と算数は4グループに分けて学習しています。現在は1クラス6~7人。学習クラスでは、習熟度に応じてメンバーを構成しているので、グループ内の学年は様々です。また、一斉指導を個別指導の時間を組み合わせて、一人一人の児童の力を着実に伸ばしていけるようにしています。他にも、1~3年生と4~6年生の2グループに分かれたり、全員で行ったりする授業もあります。

 

Q3.通常学級との交流は、どのようにしていますか?

A3.
 縦割り班で遊びや掃除をする活動の他、音楽や総合的な学習の時間に一緒に学習することもしています。6年生の日光移動教室、4~6年生の社会科見学にも参加しています。クラブ活動や委員会活動も一緒です。

 

Q4.児童の登下校はどのようにしているのですか?
A4.
 保護者の方に送り迎えをしていただく方法、児童が1人で自主登下校する方法があります。新1年生は、必ず保護者の方の送り迎えをお願いしていますが、自宅までの距離や児童の実態に応じて自主登下校に切り替えることができます。

 

Q5.わかば学級を見学したいときは、どこへ申し込んだらよいのですか?

A5.
 事前に希望される日時を、以下までお電話で御連絡ください。日程調整させていただきます。保護者の方だけではなく、お子さんと一緒でも構いません。

東大和市教育委員会学校教育部教育指導課 特別支援教育係  042-563-2111(内線 1526)

 

更新日:2019年04月16日 15:52:08